Sewing Body Shop : Display Shop  Interior Shop

Home
■正しい線に直したストレート・スロ
ーパーをボディに着せ付ける。
■ピン止めしてあるスローパーの
脇線はAH底ピンを1本止めたまま
にして下の方は外す。前中心BL
から下をボディ中心に合わせてピ
ンを2〜3本打ち、WLはVピンで固
定。
■前WLの縫代に切込みを入れ、
ピットさせてピンを打つ。
■脇側トワルのBLが下にずれな
いようダーツ線をピンで固定。
■側面中央の地の目をBLからW
Lに向けて垂直になぞってピンを打
ち、その左右も縫代に切込みを入
れてフィットさせる。
■WL中間の浮きはダーツ分。
■ウエストのPLからBPに向け、脇
高に直線でダーツを閉じる。
■脇はフィットしたボディの脇線通
りとなり、ストレートの時よりウエス
ト側では削れる。新しい脇線にピン
を並べて打つ。
■WLはボディーにテープに従うの
で、ストレートスローパーのWLより
後に向かって次第に下がる。
■後身頃中心のBLから下をボデ
ィにそわせてピンを2〜3本打ち、W
LはVピンで固定。
■WLに切込みを入れながらフィッ
トさせボディPLのWLとBLの交点
に各々ピンを打つ。そのBLピンか
ら脇より3〜4cmにもう一本ピンを
打って、そこの地の目を垂直にボ
ディにフィットさせる。その左に浮い
た約2cmがダーツ分。
■後ウェストダーツをBLピンまで
脇高に直線で閉じる。



注)ボディラインとポイント
NP=ネックポイント
SP=ショルダーポイント
NL=ネックライン
CFL=前中央線
BP=バストポイント
SL=脇線
BL=バストライン
WL=ウエストライン
HL=ヒップライン
PL=プリンセスライン

■ストレートスローパーの時の後
側面部分を真正面に見てBLを水
平に保ちながらボディにフィットさ
せる。その時、脇裾で不足するの
で、その分を出して前脇線にピンを
閉じる。
■後ダーツと後脇中間に浮き分が
残る。
■ウエストライン脇側をフィットさせ
て縫代に切込みを入れる。
■後面の角に出来た大きな浮き分
は、AHとの交点をゼロにして直線
で後ダーツを脇線の中間に残さず
取り込み中高に閉じる。
■タイトスローパー(完成側面)
■ウエストの縫代を1.5cmに裁ち
揃えて完成。
■タイトスローパー(完成背面)
【MEMO】
ストレート・スローパーは前・後ろ・脇共にバストラインが水平で、BOX状の直線的なシルエットの原型です。
上身頃の水平なバストラインは重要な基準線として、立体と平面の関係を知る上で欠かせません。
シルエットの違いによって原型も服の場合でも、立体上で水平なバストラインが平面では途中で曲がっていたりします。ストレートからタイトに作ったタイトスローパーもそうです。ですから、立体のバストラインとそこの横地の目とは必ずしも同一ではありません。これはウエストやヒップラインにも言える事です。

面に角を付けて作る原型だと、堅い服ができるのではと考えられがちですが、そうではありません。
立体を最小限度の面で捉えて構成した時、どこで面が変わり、ゆるみが何処にどれ位入っていて、シルエットの縫い目位置はどう有るべきかといったような、理論の把握が容易にできるのです。

どんなにソフトでフェミニンなドレスでも、製図や立体はきっちりとした計算のもとに成り立つはずです。それができればこそ、描く線の一本一本に、自分の美意識を移入する余裕が生まれ、創る人の感性が反映されると言えるでしょう。
■タイトスローパー(完成正面)
<<<<戻る ボディ・トルソを買う 長腕の使い方